データサイエンティストハトリのブログ

PythonとインテリジェントクラウドとAIが好きな学生エンジニア。データ分析、スクレイピング、就職活動などについて書いていきます。

エンジニアはキャッチアップ力が大事と言われるが新しい言語と古い言語どちらを学ぶべきか

f:id:hatorihatorihatorik:20180917040714p:plain

エンジニアに必要なキャッチアップ力

エンジニアはキャッチアップ力が大事と言われています。

 

 

確かに優秀なエンジニアはReactやnode.jsなどの比較的新しい言語を学ぶ傾向にあります。新しい言語でもマスターするのが早く、すぐに自分のスキルとして使えるようになれば最強でしょう。

 

プログラミング初心者には新しい言語は向かない!?

いっぽうで初心者にプログラミングを教える時は、RubyPHPPythonなどの言語が多いイメージがあります。

なぜこのような現象が起きているのでしょうか。新しい言語と古い言語どちらを学ぶべきかも合わせて紹介します。

 

プログラミング初心者はRubyPythonから学ぶべき!

結論から言うとプログラミング初心者はRubyPythonから学ぶのが正解だと思っています。なぜなら、現在も実際に多くの人が使っており、それゆえ言語を極めやすいからです。

 

初心者がまずやることが1つの言語を極めることだと思っています。

エラーに遭遇。調べても出てこない、、、

新しい言語だと、エラーに遭遇したときに仮にググったとしてもぜんぜんヒットしません。あったとしても初心者が調べても理解できない内容が多くなります。

エラー解決サイトを調べて見ると1目瞭然です。

 

「react エラー」検索結果

f:id:hatorihatorihatorik:20180917040312p:plain

ruby エラー」検索結果

f:id:hatorihatorihatorik:20180917040328p:plain

 

レベル上げが楽

1レベル〜10レベルまであったとして、Pythonを勉強して3レベルになったとしても、Reactは3レベルまでしかあげることができません。

正確に言うとあげることはできますが、新しい言語のレベル上げと、既存の言語のレベル上げだと後者の方が圧倒的楽です。

f:id:hatorihatorihatorik:20180917035608p:plain

 

レベルを上げてから新しい言語に挑戦!

なにごとにおいても基礎力が大切です。プログラミングに関して言うとほとんどの言語で基本的なことは共通しています。

文法の細かい書き方とかはあとからググりながら身につけられます。まずは基礎力をつけプログラミング全般的なスキルを身につけること。

レベルをある程度上げ、エンジニアとしての基礎力を身につけたら新しい言語を学ぶことをお勧めします。