データサイエンティストハトリのブログ

PythonとインテリジェントクラウドとAIが好きな学生エンジニア。データ分析、スクレイピング、就職活動などについて書いていきます。

【書評】たった1年で人生が劇的に変わるポータルサイトビジネスを読んだ感想!

f:id:hatorihatorihatorik:20180929033956j:plain

 

こんにちは、どうもハトリです!!

 

TwitterでプログラミングやIT関連のことについてつぶやいているのでよかったら是非フォローしてください →→(@tori_engineer)

 

 

 

深井良祐さんの「たった1年で人生が劇的に変わるポータルサイトビジネス〜誰でもできる不労所得の作り方〜」を読みました。

 

たった1年で人生が劇的に変わるポータルサイトビジネス: 誰でもできる不労所得の作り方

 

そもそもポータルサイトビジネスってなんだ?っていうところから始まったのでこの本がメディア運営やアフィリエイトに関する本だってことは全く知りませんでした。このブログや最近私が立ち上げたブロックチェーン関連のメディアのアドバイザーをしていただいてる方の勧めにより読んでみました。

 

実際読んで見ると、 ネットビジネスをかなり詳しくわかりやすく解説しているので初心者でも簡単に読むことができます。もちろん専門用語も全く出てきません。

この本の概要

f:id:hatorihatorihatorik:20180929020531j:plain

 とにかく記事をかけ!方向性だけ間違えるな!

 

というのがこの本のまとめでしょう。

 

どのサイト、どの本を読んでも書いてありますがどんなにいいコンテンツだったとしても記事数がなければ、収益をあげることはできません。記事をたくさん書いくことでサイトの認知度が上がり、結果的に収益に繋がります。

 

記事をかけ!と言ってもむやみやたらに書いていたらいけません。私が、どんなに映画が好きだったとしても映画というジャンルは収益化するのが難しいからです。金融や転職など収益化できるジャンルは限られているそうです。 

疑問に思ったこと

その1

・ホームページは充実させる必要はありません!なぜならwebサイトへのアクセスはほとんどがホームページ経由ではなく、Google検索からの流入だからです。

 

・1つのサイトには複数のジャンルの記事を書いてはいけません。あるページでは「青汁」のことを書いて、また別のページでは「脱毛」のことを書いてはいけない。ユーザーはそのサイトが何を提供しているサイトなのかがわからないからです。

 

(ざっくりとした説明になりましたが)この2つの文章が矛盾していると感じました。

 

ユーザーはそのホームページからアクセスしてくる→そのサイトがなんの情報を提供しているサイトか明確にしないといけない→記事のジャンルに統一性を持たせる。

 

ならわかるのですが、ほとんどがGoogle検索の流入から入ってくるのなら、どのページにどんなことが書いてあってもいいのでは?と思いました。

わかる方ぜひ教えてください。

 

感想

f:id:hatorihatorihatorik:20180930023842j:plain

いろいろアフィリエイト関連の本は読んできましたが、圧倒的にいい本だと思います。

 

成功者の結果論をただしゃべるマウント本ではなく、サイトを作り上げていくプロセスを論理的に説明しながら本質的なことを教えてくれます。

サイト運営はいろいろな記事がありなにに頼ったらいいのかわからなくなってしまいますが、とりあえずこの本を信じて記事を書き続けていこうと思います。

 

最後に

この本をプレゼンにまとめてみました。3分で概要が理解できると思いますのでぜひご覧ください。