データサイエンティストハトリのブログ

PythonとインテリジェントクラウドとAIが好きな学生エンジニア。データ分析、スクレイピング、就職活動などについて書いていきます。

起業にプログラミングは必要!?エンジニア出身でCEOの起業家を調べてみた!

f:id:hatorihatorihatorik:20180908111011p:plain

 

近年、教養としてのプログラミングの必要性がいろいろなところで言われています。ホリエモンひろゆきを筆頭に起業家はコードをかけないといけないという文化がある気がします。

しかし、かならずしもそんなことないのではないか?あの、スティーブ・ジョブズだって全くコードを書けなかったわけだし、CEOってそんなに書くわけじゃなくない?と、疑問に思いました。

今回はエンジニアスキルのある起業家をまとめ、どうビジネスに活かすことができているのかを考えて見ました。

プログラミングができる起業家

堀江貴文@株式会社ライブドア

f:id:hatorihatorihatorik:20180908110949p:plain

プログラミングができる起業家と聞いて真っ先に思いつくのはこのホリエモンなのではないでしょうか。

中学時代に培ったプログラミングスキルや、大学時代にやっていたアルバイトで経験を積み、web開発系の会社を立ち上げました。

 

西村博之@2ちゃんねる

こちらも有名です。2ちゃんねる関連のトラブルで民事訴訟をいくつも起こされ、賠償金が数億円にのぼると言われておりますが、未払いの姿勢を貫いているようです。

 

こちらの動画でひろゆきさんがエンジニアになった理由が語られています。

youtu.be

佐藤航陽@メタップス 

タップスの佐藤航陽さんは起業をしてからプログラミングを学んだそうです。

 

【佐藤航陽 プログラミング】メタップス佐藤航陽社長はプログラミング独学で資産145億円 | 【プログラミング独学】世界一稼げる授業

 

そんな天才な佐藤航陽さんでも起業当初に取り組んだことはプログラミングでした。

約3カ月かけて、サイト構築と簡単なプログラミングを友人のサポートを得ながらほぼ独学でマスターしました。

パソコンすら触ったことがない状態から起業。3ヶ月という短期間でマスターするとはかなり優秀でしょう。

川上量生@株式会社ドワンゴ

f:id:hatorihatorihatorik:20180908110822p:plain

あのニコニコ動画を運営しているドワンゴの川上社長です。川上社長もかなり凄腕のエンジニアだったそうです。エンジニアだったことを隠したいんだとか。

自分はエンジニアだったということを、普段は隠したいという川上氏。本格的にプログラミングをやったことはないという。 子供の頃は、Z80とBASICで遊び、近所のパソコンショップでゲームなどを作っていたという。マシン語ニーモニックコードを独学で学び、逆アセンブラを作ったりOSの解析をしていた。高校時代はパソコンは親から禁止されていた。大学時代は、MS-CやCADの開発に没頭。その後、ソフトウエア流通の会社であるソフトウエアジャパンに就職。

三木谷 浩史@楽天

f:id:hatorihatorihatorik:20180908110925p:plain

楽天三木谷社長もプログラミング経験者です。

 

三木谷社長が書いたソースコードも公開されています。C言語から始めるとはさすがエリートです。

techwave.jp

 

 

なぜ経営者がプログラミングを学ぶべきなのか

ご覧の通りこのようなベンチャー起業の創業者はほとんどプログラミングができます。これはなぜなのでしょうか。

アイディアが生まれやすい

プログラミングをやったことがなければ、新しいビジネスアイディアは生まれてきません。

プログラミングを使ってなにができてなにができないのかを判別できないのです。プログラミングを学ぶことでこれらの分別がつくようになり、実際にビジネスを起こしていくときもスムーズになります。

今後のテクノロジー動向を予測できる

IT技術の知識をもっていると今後どのような技術やサービスが流行っていくかが予想できるようになります。

 

新しいIT技術はプログラミングのもと動いているため、プログラミングをわかっていると技術のキャッチアップも比較的簡単に行うことができるのです。