データサイエンス

【稼げる】データサイエンティストの年収は?確実に1000万超えます【理由を解説】

DODA社の調べによるとデータサイエンティストの平均年収は528万円と言われています。

しかし、その一方でデータサイエンティストは年収1000万を確実に稼ぐことができる職業と言われています。
今回は、データサイエンティストやその類似職業の現在の年収、またデータサイエンティストとして年収1000万円を稼ぐ方法について解説していきます。

本記事のポイント
  • データサイエンティストは年収を1000万円を稼げる
  • 似た職種との比較
  • データサイエンティストで年収1000万円を稼ぐ方法

データサイエンティストが年収1000万円可能か?

アメリカの大卒学生に人気の職業トップに輝き、日本でも認知度の広まりと共に需要が高まっているデータサイエンティストですが、年収はどれくらいもらえるのでしょうか?まだ新しい職業で市場への供給人数は少ないですが、企業からの需要は高まってますので、年収も期待できそうです。

多くの企業で需要が高まっているデータサイエンティストですが、サラリーマンの一つの憧れとも言える年収1000万円を達成することは可能でしょうか?年収1000万円はサラリーマンに限って言えば、4.5%しかいません。20代は1%にも満たず、30代でも0.4%と非常に低く40代でも1.8%です。これは非常に難しそうです。

しかし、データサイエンティストは、年収1000万円を達成することは可能です。ただし、当たり前かもしれませんがそう簡単ではありません。

どうすれば年収1000万円を達成できるのかを、類似職への平均年収や企業からの需要の高まりを踏まえて確認していきます。また、日本に先行してデータサイエンティストが活躍しているアメリカの事例も十分参考になるでしょう。

データサイエンティストの将来性

データサイエンティストは非常に将来性のある職業です。当初はIT企業を中心に需要が高まっていましたが、有用性が明らかになってくるにつれ、製造業やその他の業界でも募集が増えてきています。

また、データサイエンティストの業務に必要不可欠のビッグデータの収集や分析もより短時間で効果的にできるようになっています。例えば、コンピュータの性能は年々進歩しているため、同じ演算を短時間でできるようになりますし、データ分析手法の発展も顕著です。

今後は企業にとってより個人にフォーカスした戦略が求められるようになり、それを人間の力だけで分析しきることは簡単ではありません。データサイエンティストが活躍できる環境は拡大していくといえます。

データサイエンティストの現在の平均年収

データサイエンティストの平均年収

DODAの調査によると、データサイエンティストの平均年収は約528万円です。日本の平均年収に比べても100万円程度高いですが、1000万円には遠いですね。ただし、スキルも経験もなく入社後にスキルをつける人も多く含まれていると考えられます。

データアナリストの平均年収

データアナリストは母数が少なく年収の幅が広く、平均年収を出すのは簡単ではありません。大学でデータアナリストの勉強をしていた場合で600万円程度企業で実務経験があり転職する場合には希少な人材なので、1500万円以上ともいわれます。

機械学習エンジニアの平均年収

機械学習エンジニアも年収の幅は広いです。求人サイトを確認すると、そのスキルや経験に応じて年収は400万円~1000万円以上です。きちんとスキルを身につけて就職先を選べば高年収を狙える職業といえます。

アメリカのデータサイエンティストの年収

一方で、日本に先行して需要が高まり大学生からもなりたい職業として人気のデータサイエンティストですが、年収はどの程度見込まれているのでしょうか?アメリカの全職種の平均年収は約435万円といわれていますので、比較しながら確認しましょう。

アメリカの求人・口コミサイトの調査によると1200万円と非常に高い平均年収が出ています。大手のIT企業や製造業に加えて、公的機関でも犯罪の予防システム開発などにデータサイエンティストとしての人材が求められています。

ここまで高い年収になっているのは、データサイエンティストが扱うビッグデータの活用が有用であると広く知られ、需要が高まっているからです。一方で、データサイエンティストになる為には、ITの知識だけでなく情報工学やプログラミング、数学、さらにビジネスやマーケティングの知識も必要です。

この需要と供給のバランスが崩れていることで、高い年収が約束されており毎年多くの学生がデータサイエンティストになることを目指して日々勉強を続けています。

データサイエンティストで年収1000万円を超えるには

データサイエンティストで年収1000万円を稼ぐにはどのようにすれば良いのでしょうか。

年収の高い企業に就職

データサイエンティストとして年収1000万円を超える方法の1つは、そもそも年収の高い企業に就職することです。

日本でデータサイエンティストとして年収1000万円を達成するためには、ハードルは高いものの、きちんと実績を積み、募集している年収が高い企業の採用試験を突破していくことができれば可能です。

有名どころをあげるとGoogleやFacebook, メルカリなどで働いているデータサイエンティストは年収1000万円を軽く超えています

他の営業職などと違うところは、未経験から年収1000万円を稼ぐことは難しいです。そのため、まずはスキルをつけ実務経験を積んでから、より大規模で年収の高い企業への転職を目指しましょう。
また、転職の際はエージェントを経由すると年収の高い案件を紹介してくれるケースが多いようです。
年収にとことんコミットしてくれる、Tech Stars Agentに登録しておけば、年収の高い求人をいち早く知らせてくれます
>>Tech Stars Agentの登録はこちら

あわせて読みたい
【実体験】私がおすすめするデータサイエンティスト向け転職エージェント!【年収150万UP可能】 ビッグデータと呼ばれる膨大な量のデータを入手することが可能になり、PCのスペックの向上によって、そのデータを分析する為の時間も短...

フリーランスとして独立する

データサイエンティストが年収1000万円を超える方法の2つ目はフリーランスとして独立することです。データサイエンティストとして活躍する方法はサラリーマンとして大手企業に就職するだけではありません。1社で1000万円以上もの給与をデータサイエンティストに払うことが難しかったとしても、フリーランスとして独立すれば可能性が広がります。

実績を積みスキルを明確に出来れば、一部の業務を委託したい企業は多くあります。複数の企業から収入を得ることは入源の安定にも繋がりますし、触れる業種も広くなりますので、自身のスキルアップにもつながります。

一方で、仮に独立しても一緒に仕事をしていく中で価値を認めてもらえなければ仕事は簡単に失ってしまいます。簡単に独立をするのではなく、きちんと自分が独立しても価値を感じてもらえるか?という点は突き詰めて考えておくべきです。

データサイエンティスト特化型のフリーランスのエージェントに登録しておけば簡単に仕事を見つけることができます。
フリーランスを意識しているデータサイエンティストならほとんどの人が登録していますよ。
>>BIGDATA NAVIの登録はこちら