データサイエンス

【簡単】未経験からデータサイエンティストに転職した方法!【経験者が語る】

データサイエンティストになりたいけど、未経験からなるのは難しい?そんな疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

昨今人工知能ブームがきている中でデータサイエンティストの需要が高まってきています。そんな中で未経験からデータサイエンティストに転職することはできるのでしょうか。
本日は未経験からデータサイエンティストに転職する方法について紹介していきます。

データサイエンティストとは?

データサイエンティストとは、ビジネスやその他の様々な場面において、データ分析を元に意思決定を行ったり、それをサポートしたりする職業です。ビジネスの知識に加え、データを読み解くための数学力、またそれを形にするためのプログラミング能力がデータサイエンティストに必要なスキルと言われています。

データサイエンティストはまだ新しい職業なので、それほど知名度は高くありませんが近年需要が高まっている職業です。アメリカでは大学卒業者の就職希望ランキングでトップになり、非常に高給を狙える職業としても有名です。

なかには経営に直結するような仕事もありますし、日々新しい論文を読み続け最先端の技術を用いています。企業の命運を左右する可能性がありますので、人気が出るのも当然ですね。

未経験からデータサイエンティストになるには?

未経験からデータサイエンティストになることは可能なのでしょうか?

結論、可能です。
多くの場合には、前職や学生時代に似たような経験をしている人が転職でデータサイエンティストになるのが一般的です。
日本では最近、データサイエンスを学ぶことができる大学として、横浜市立大学や滋賀大学がデータサイエンス学部を新設しています。
データサイエンス学部により滋賀大学が国公立大学で志望者増加数がトップになったというニュースもありました。

しかし、このような経験やバックグラウンドを持っている人はごく少数であり、実際にデータサイエンティストを目指す多くの人が未経験の状態からスタートすることになります。

では、どうすればデータサイエンティストの職につくことができるのでしょうか?仕事の探し方はいくつかありますので、代表的なものを解説していきます。
自身の状況と照らし合わせながらどの戦略をとっていくのか検討してみてください。

未経験OKな求人を探す

一番簡単で誰にでもできるのは、未経験OKな求人を探すことです。会社に就職してから先輩のデータサイエンティストに学びながら育ててくれる寛大な会社ですので、給料をもらいながらスキルを身につけていくことが可能です。

ただし、競争率が激しくなりますのでそこを勝ち抜くためには、企業に先行投資しても回収できると判断してもらえるポテンシャルを示すことが重要です。また、教育にかかる資金を企業が出してくれるため、高い給料は期待できないでしょう。

未経験から育ててもらって、実績を積むと考えればこの選択肢もよいと思います。ただし倍率が高いため、希望の企業に入社できるかはわからず、許容幅を広めにとっておく必要があるでしょう。

データ分析はやったことがないが、プログラミングスキルがあることをアピールする

データサイエンティストに必要な数学、プログラミング、ドメイン知識の中で最も習得が困難なのはプログラミングに関する知識です。そのため、プログラミングの経験が十分であれば、データサイエンティストとしては未経験でも採用される可能性があります。

特に、データサイエンティストに必要不可欠な機械学習で用いられている、Pythonという言語を使いこなせるようであれば、十分に採用の可能性はあるでしょう。データサイエンティストの経験者を採用しようと思ってもそもそも母数が少ないためです。

できれば、事前にPythonを使って自分なりに何らかのデータを分析できるようにしておくと、より強いアピールになり採用に繋がりやすいです。

プログラミングスクールに通う

全く経験がなかったとしても、就職するまでにある程度時間が取れるのであれば、データサイエンティストに必要な実践的スキルを学ぶことができるプログラミングスクールに通うのがもっともおすすめです。

最近は、スクール経由で企業への採用が決まる可能性もありますし、そうすれば入学金や学費を企業が支払ってくれる場合もあります。通信講座やスクールというとかなりお金がかかるイメージですが、資金がなかったとしても問題ありません。

もう一つ、スクール経由であれば採用企業もどのような内容を学習しているか把握できている為、持っているスキルに対するミスマッチが無くなります。これは双方にとってかなりのメリットになるでしょう。思っていたのと違うのは精神的にきついですよね。

あわせて読みたい
【2019年完全保存版】データサイエンティストにおすすめのプログラミングスクール10選!AI・機械学習が学べる!この記事はデータサイエンティストになりたい、AIについて学びたい、という人向けのプログラミングスクールと、その選び方を紹介しています。自...

未経験OKのデータサイエンティスト求人は?

データサイエンティストの求人ではそのほとんどが、過去実績や経験が求められます。しかし、現実として日本では経験済みの人材が多くないため、データサイエンティストの経験がなかったとしても採用の候補になる求人は多く出ています。

もちろん経験者採用であったとしてもプログラミングスキルを持っていたりプログラムスクールを卒業することで、採用に至る可能性は高いです。企業の期待に対しては現状のスキルが届いていない可能性もあります。

実際に未経験者OKの求人はどの程度あるのでしょうか?また、どのような求人サイトで、どのような企業で求人があるのでしょうか?具体的な例を新卒と中途で分けて確認してみたいと思います。

未経験OKの新卒の求人

新卒向けデータサイエンティストの求人案件は、確認したサイトでは86件とかなり多くありました。勤務地東京都だけでもこれだけありますので、地域を広げればかなり多いのではないでしょうか?

電通や東芝などの大企業の関連企業における求人もあり、他にも東証上場企業やスタートアップの企業でも求人が出ています。年収にはかなり幅がありますが、技術職同等程度から、場合によっては相場の倍程度などかなり条件は良いですね。

新卒で年収500万円以上の案件も多くあります。アメリカのようにはいかないかもしれませんが、未経験で比較的安定した大企業や、チャレンジができるスタートアップ企業でこの年収をもらえるのであれば魅力的です。

参考:未経験OK新卒向けデータサイエンティストの求人(Wantedly)

未経験OKの中途の求人

個人的にはどうせ未経験ならば若い人の方がよいと思っていたのですが、実は未経験でも中途の方が倍以上も求人の案件が多くびっくりしました。ヤフーグループや上場企業でも未経験歓迎の案件はかなり多いです。

年収を確認すると、新卒に比べると幅が広いです。比較的年収が低い側は、新卒とほとんど変わりませんので、どうせなら少しでも条件が良い所を選びたいですね。一方で、上手くスキルをアピールできれば年収1,000万も狙えそうです。

転勤もなく、比較的若いうちからある程度の役職につくことができるなど待遇も良い案件が多い為、各社貴重な人材を獲得するために力を入れていることが伺えます。仕事内容に興味を持てるのであれば、狙い目の職業ですね。

参考:未経験OK中途向けデータサイエンティストの求人(Wantedly)

未経験からデータサイエンティスト転職に成功したKさんのインタビュー

今回は経験ゼロからデータサイエンティストに転職を決めたKさん(仮名)に徹底インタビューさせていただきました。

まずはじめに、これまでの経歴を教えてください

大学時代は文系で、経済学を学んでしました。周りの友達も文系就職をする人が多い中で私もそれに流されて、証券会社に就職しました。そこでやっていた仕事内容としては証券を売る営業をしていたのですが、自分自身営業がそこまで向いていないというのもありいやいや仕事を続けていました。

ある日ふらっと立ち寄った蔦屋書店で東京大学の松尾先生が書いた「人工知能は人間を超えるか」を手に取りました。それからというもの、AIやビッグデータのような分野に興味が出てきて、仕事が終わったあとは本屋に行ってAI関連のビジネス書を漁ったり、ネットでいろんな記事を読んだりすることが習慣化されていました。

プログラミングの経験や数学の素養はもともとあったのでしょうか?

いやいや。もともと文系でしたし、大学受験で数学はすこしかじった程度。理系の方々と比べると到底及びません。
プログラミングに関しても全くやったことがありませんでした。そもそもPCを仕事以外であまり触ったことがなかったのでその辺の不安はかなり大きかったですね。

データサイエンティストとして働いてみて思ったことが、数学や理系的素養がそれほど必要ではないということです。こういうこというとガチでやってる人たちに怒られちゃうかもしれませんね。
実際業務をしてみると数学的知識を考えながらやる場面ってほとんどないんですよ。今はコードを書かなくても便利なツールがたくさんあります。もちろん最初は理解しながら勉強していくべきだとは思いますが、文系だからといって理系と比べて劣っているかと言われるとそうでもないんじゃないかと感じています。
データサイエンティストって理系と文系の間くらいに位置している人が活躍できそうなだと思いますね。

転職活動はどのような流れで行いましたか?

私は完全未経験だったので、転職エージェントを使いました。TechStarsを使って転職をしました。

登録すると担当者の方と面談を組んでもらうことができるのですが、ここで

  • 未経験であること
  • 数学的素養はないこと
  • プログラミングをやったことがないこと

などを伝え、それでも私を欲してくれる求人を探してもらいました。

なるほど。未経験はエージェントを使った方がいいんですね!では、最後にデータサイエンティストを目指している人に向けてメッセージをお願いします。

データサイエンティストはおそらくみなさんが思っているほどキラキラしたスマートな仕事ではありません。データを様々な角度から比較検討し、モデルを作り上げる。もちろんデータがないケースもたくさんあるため、自分でデータを用意しないといけないケースも多々あります。
しかし、データから自分しかしらない新しい法則性を見つけ出すことができたり、いろいろな業務を効率化することができたりなどデータを見ればみるほどワクワクすることができます。

これからデータサイエンティストの需要は間違いなく伸びていきます。未経験だからといって屈することなく地道に努力を積み重ねていけば必ず仕事につくことはできるでしょう。

未経験からデータサイエンティストに転職することは可能

今回は、新卒の場合も含めて未経験からデータサイエンティストに転職する方法や、実際の求人案件としてどのようなものがあるかを確認してきました。結論から申し上げると未経験であってもデータサイエンティストへの転職は可能といえそうです。

選択肢も複数あり、何もせずに未経験で飛び込むこともできます。他にも、元々プログラミングスキルを持っている場合はアピールしたり、プログラミングスクールでスキルを身につけてからスクール経由で採用を目指すという選択肢もあります。

何となく未経験だし難しそうだから興味はあるけど諦めよう。と思って他の職種に行くのはもったいないほど、魅力的な仕事で待遇も良いです。もし本当に興味があるのであれば、求人している企業が多い今がチャンスなので、チャレンジしてみましょう。

未経験からデータサイエンティストになるのにオススメの転職エージェントはこちらで紹介しています。

あわせて読みたい
【実体験】私がおすすめするデータサイエンティスト向け転職エージェント!【年収150万UP可能】 ビッグデータと呼ばれる膨大な量のデータを入手することが可能になり、PCのスペックの向上によって、そのデータを分析する為の時間も短...