データサイエンティストハトリのブログ

PythonとインテリジェントクラウドとAIが好きな学生エンジニア。データ分析、スクレイピング、就職活動などについて書いていきます。

Trelloより便利!?タスク管理で便利なGithub Desktopとは

f:id:hatorihatorihatorik:20180916034505p:plain

Github Projects とは?

desktop.github.com

エンジニアの方の必須アイテムの1つとしてGithubがあります。Gitは過去の作業内容を記録し現在まで至った経緯を確認したり、以前の状態に戻ったりすることができました。しかし、Gitと並行してプロジェクトを遂行させていく上で重要になってくるのがタスク管理です。

 

大規模なシステムのプロジェクトを長期間にわたって開発するとき、先の予定も考えながら進めていかなければ、納期に遅れてしまうかもしれません。また、複数人で作業をするとなると、だれがどの部分を担当するのか、どのくらいのスピードで進めればいいのか、など完璧に決めなければなりません。

 

Github Projectsで管理することで、現在の作業の進捗状況や今後やるべきことをわかりやすく確認することができます。また、この管理方式はカンバン方式と呼ばれ、タスク管理でよく利用される方式の一つです。

 

Github Projectsでできること

 

  • コード修正、Issue、プルリクエストをリスト化しカードという単位で簡単に管理
  • ワークフローに合わせたカラムを設定し、ソートする
  • カードはドラッグアンドドロップで簡単に移動

 

似たようなサイトとしてはTrelloが挙げられるでしょう。

 

Trelloとの違い

本質的な機能はTrelloとほとんど同じです。1つだけ違うところはIssueの管理をこのGithub Projectsを使うとできることです。

また、このIssueは普段開発で使っているIssueと連携することができます。

 

どっちが便利なのか

これからエンジニアの開発はTrelloよりもGithub Projectsが向いているのかもしれませんせん。しかしエンジニアとは全く関係ない使用法をする場合、Github ProjectsよりもTrelloのほうが向いているでしょう。タスクに対してのカスタマイズ性はこちらのほうが高いと思っています。

 

必要に応じて使い分けをしていきましょう。